« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月11日 (木)

今週もメールいただきました!!

ありがとうございます。

ぜひ皆様、ご感想など頂ければと思います。

****************

では戯言シリーズを。
今回も長文です(^^)


先日のBBQ、楽しかったですね。 準備して下さった皆様に感謝します。

東京に引っ越してきて半年。
あらためて小金井公園の魅力と、小金井ラグビースクールの「和」を感じました。

さて、4回目となる戯言シリーズ。
おかげさまで賛否両論、パラパラ返信頂くようになりました。

言いにくい事、言ってくれてありがとう。
酔っ払ってメールしたでしょ…。

感想ありがとうございます。
ちなみに、今も、今までの配信時も酔ってません…(^^)


さて、今回は個人的な話のご紹介です。

元対抗戦グループの大学主将、日本代表SHでトップリーグのチームディレクターをしてる高校同期と先月末に飲みにいったときの話です。

ずっと日本最高峰のラグビーと携わり続け、毎年NZでラグビーを学ぶ同期との会話は勉強になりました。
一部Jr.ラグビーについても話題になったので紹介します。


私:
先月から、中学生のコーチすることになってん。
トップリーグのメンバー連れて来てや。よろこぶ奴おるやろうし。

友:
いいよ。明日適当に連れて行こか?(半分冗談、半分本気)

私:
急やな…、明日は子供の運動会であかんねん。またの機会に頼むわ…。

友:
明日逃すと土日は厳しいな。でも、お前、中学生のコーチするなら気をつけろよ…。

私:気をつけろって?

友:
普及活動でラグビークリニックしたり、全国のいろんなスクールの人と話するけど、危険な人が結構多いよ。
この前東北のスクールのコーチと飲んだ時、「トップリーグのDFシステムについて教えてください。勝ちたいから…」て執拗に聞かれた。
本当にそんなこと小学生や中学生に教えるの?もっと教えることあるやろ…と。

ラグビーの楽しさをわかってもらい、ラグビーを続けるように仕向けるのが、スクールコーチの役目やと思うから、その人とは残念ながら話がかみ合わんかった。

そんなチームで育った選手はあかんようになるよ。ほんまにかわいそうや。
東京でも、例えば、◯◯◯クラブ、あそこあかんで。
あの教え方じゃ、今よくても、高校、大学、社会人で伸びない。

私:
うちのスクールは大丈夫。ポリシーがラグビーを好きになってもらう事やから。
でも、難しいよな〜。
試合見てて勝たせたい!ってなる気持ちわかるし、試合見て興奮してしまうコーチの気持ちも理解できるんよな。

友:
まったくわからん!自分が勝ちたくて興奮するのはあかんやろ。ラグビーしてる子どもが楽しいか、楽しくないか、それだけでええんちゃうか。勝ったら楽しいけど、それを利己的にいつのまにか強制してるパターンちゃうか?

私:
そんなつもりはないねんけどな〜。スクールのコーチって難しいな〜。
で、どこの指導者はいけてるの?




て感じの会話をして、すこ〜しだけ耳が痛くなりました。
他にも色々裏情報聞けたので、またの機会に紹介します。



「アマは和して勝ち、プロは勝って和す。」
と元ジャイアンツ三原監督の言葉があります。

アマもプロも、勝てば和す(仲良く楽しくなる)のでしょうが、
小金井RSは、大人も子どもも可能な限り「和して勝ち」たいものですね。

***************

ラグビースクールから距離のある方がこのような考え方が出来るのですね。

ちなみに小金井ジュニアの活動が、以前にラグビークリニックに特集されました。

http://koganeirugbyschedule.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/index.html

もう買えないのかな・・・・

http://www.sportsclick.jp/magazine/rugbyclinic/0033/index.html

勝ちたいか、そりゃー勝ちたいですよってこのコーチも言ってますよ、けどと。

先日、駒井講師の記事にも考え方が載っていますね。

フジサンケイビジネスアイさんの記事、検索したら出てきました。

http://www.innovations-i.com/column/neorex3/32.html

 

来週も戯言シリーズ、いやいや、ご提言シリーズ、よろしくお願いします。

皆様もぜひいろいろディスカッションしましょうよ!!

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

ジュニア新チームスタート & バーベキュー

バーベキュー、どうでしたか、天気も良くってよかったよかった!!

準備頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

特に準備から片付けまで、山崎さんに感謝です、ありがとうございました。

写真、写真、また忘れてます、この仕組みがすでに限界かと・・・・

 

ジュニア活動についてのご提言第三弾、今一度初心に戻りたいと思います。

**************


スクール活動に参加するにあたり、先輩方は、どんな参加姿勢で、どれだけの情熱を持って参加していますか?

え〜!重いよ!…(^^)

と感じられる方が大半かと思います。

しんどい方は読み捨てて下さい。

すみません…(^_^;)

では戯言シリーズを。

スクールの活動に1年半、jr.の活動には2カ月参加してあらためて考えてみました。

何のために参加しているのか?

中学生の子供たちは何を目的に、何をモチベーションにしているのでしょうか?

勝ちたい?

遊びたい?

痩せたい?(^^)

将来のため?

進学?

ヒマ?

嫌だけど強制的に仕方なく⁈(^^;;

これは、人によって環境も価値観も様々なので正解はありません。

かつ、小金井ラグビースクールはいかなるモチベーションも、価値観も、周囲に弊害が無いのならラグビーキッズを受け容れるスクールだと感じてます。(勝手な意見です)

 

一方、講師陣のモチベーションは何なのでしょう?

目的なしに参加してる方はいませんよね。

何かしらの目的や、少なくとも小さな目標があるでしょう。

 

子供を勝たせたい。

自分が勝ちたい。

子供の成長する姿を見ていたい。

子供と同じ夢を追いかけたい。

うれしそうな顔を見たい。

ラグビーに恩返し。

地域貢献。

動くのが好き。

ヒマ…(^^)

 

大半の方が、忙しい中、何か目的を持ち、何らかのモチベーションで来ています。

少なくとも、自分のためだけでなく多少の無理をしているのでは?

 

特に事務局や主任講師などは、土日はおろか平日も小金井ラグビースクールの運営に時間と心身を費やしています。

 

講師は一切の報酬を受けておりません。ボランティアはおろか、自らの費用と時間を捻出しております。

 

参加したからには、体を張り、汗をかき、二日酔いをものともせず、ほぼほぼ他人の子供のために、自分と家族の時間を犠牲にして頑張ります。

そんな主任講師陣を、尊敬します。

 

私は、スクールのルールも、ラグビーのルールも知らないチンピラ講師ですが…(^^)

出欠連絡しないとか、遅刻ばっかりするとか、足を引っ張るような事はしたらあかんなと思います。

**************

ご意見ありがとうございます。

少しでも多くの方に参加頂き、協力しながら進めることが出来ればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »